おかげ様で10年。これからも安心のエクステリア施工。

エクステリア専門家
確かな品質 確かな提案
コウケンNET スタッフ

質問と回答

コウケンNETにいただいたご質問と、それに対する回答です。下記以外の質問と回答を見たい方は、よくある質問一覧からお探しください。

※下記情報は古い可能性もあります。最新の回答が必要な場合は、別途弊社までお問い合わせをお願いします。

最終更新日:2016年12月26日

質問

ポリカーボネート屋根のカーポートを設置したいけど、強度が心配。強度を強くしたいです。・・でも、金額は抑えられると嬉しいです。

回答

強度を強くしつつ、金額お安く抑える裏ワザ情報をお知らせします!

※商品は販売台数が最も多いネスカでお伝え致します。

ネスカとフーゴという商品は形は似ているけど、風圧強度が違い、下記の通り、ネスカよりフーゴが耐風圧強度が強いです。

※ネスカ:耐風圧強度38m

※フーゴ:耐風圧強度42m

 

強度を更に上げるためには、最強と言われるスチール折板屋根のカーポートがオススメですが、それだと金額が大幅に上がるため、ポリカーボネート屋根のまま更に強度を強く、費用を抑える方法をご案内します。

その場合、『耐積雪・耐風圧パッケージ』というオプションを加えると強度が上がります。その際、強度の強い方のフーゴに『耐積雪・耐風圧パッケージ』を付けたほうが強度が高くなると思いきや・・・

『耐積雪・耐風圧パッケージ』は、ネスカとフーゴの共通のオプションで、なんと、耐積雪・耐風圧パッケージを付けるとネスカもフーゴも同じ強度になります。下記に数値を記載します。

(規格の強度)          (耐積雪・耐風圧パッケージ付き)

【ネスカ】耐積雪強度20cm/耐風圧強度38m ⇒耐積雪強度30cm/耐風圧強度46m

【フーゴ】耐積雪強度20cm/耐風圧強度42m ⇒耐積雪強度30cm/耐風圧強度46m

 

フーゴは商品代と共に施工費も高いため、お見積りの金額がネスカに比べるとぐっと上がります。そのため、『耐積雪・耐風圧パッケージ』を付けるご予定であれば、ネスカで一度金額を確認されたほうが金額を抑えられるのでオススメです。しかし、注意点もございますので、下記のご確認をお願いします。

 

※注意点

①フーゴはバリエーションが多く、ネスカはフーゴに比べると少ないため、元々フーゴにしかない仕様(例えば、屋根材の形がAタイプや、斜めカット加工が必要等)であれば、フーゴをお選びいただく必要がございます。ネスカにご希望の仕様がございます場合は、ネスカでパッケージを付けていただく方が金額を抑えることができてオススメです。

②物理的には、元々フーゴの部材が強度が強いので、多少の差があるかもしれませんが、メーカーからは同じ強度と試験値が発表されております。

解決しましたか? はい いいえ

コウケンNETスタッフ

エクステリアの専門家の私たちにお任せください。

  • 満足度92.4%
  • 選ばれて10年
  • サービスNo.1
しつこい営業はしません。
お気軽にどうぞ。お問い合わせページ